2009年09月01日

ベビーゲート、その後

更新がやや滞りました。


その間もひなたはスクスクと
日に日に進化をしております。


どんな進化をしているかというと

腹這いの状態から
自分でモゾモゾ手足を動かして
うんしょ、うんしょ、うんしょ…を繰り返し
身体を起こしてヨッコラショで
一人で座ることができるようになりました。


そして
両手を挙げてバンザーーーーーーイをして
両手でモモをパチパチたたいては
「ひゃあひゃあ」言って遊んでいます。

お座りができるようになって
目線が変わってうれしいのでしょうか。


そんな我が子の姿は
かなりカワイイ…ですね(笑)


でもコレ、初めて見たときは結構びっくりしました。


腹這いになって遊んでるな〜と思って
ちょっと台所に立ったりして
次にひなたに目をやったら
バンザーーーーーーーイってして
パチパチももをたたいて喜んでいたんです。


「い、い、い、い、いつのまに」って驚きました。


そしてまた匍匐前進のスピードもアップし
行動範囲は広がり
ひなた勢力は依然、拡大中です。


なので、もうモタモタしていられません。
台所とリビングをしきるゲートを付けなければ。


…ということで
急いで悩んで、結局、決めました。



画像-0035.jpg
『木のオートロックゲート』(リッチェル)


Amazonで購入して翌々日に到着。


取り付けはとても簡単で
四隅に付いているネジで固定するだけ

画像-0029.jpg


ゲートの位置を決めたら上のネジ2つからしめていきます。

所要時間は20分くらいでしょうか。
説明書を見て、ささっとできた感じです。


使い方もかんたんです。


上に付いているこのレバーをスライドし
上部ロックを解除

画像-0031.jpg


そして次にゲートを持ち上げるようにして
下のロックを外します。

画像-0032.jpg
(ひなたの手の下あたりに下部ロックがあります)


この上下のロックを解除すれば

画像-0036.jpg

こんな風にも


画像-0037.jpg

こんな風にも
前後どちらにも開閉ができます。


90度開けばロックしてくれて
75度まで開いて手を離せば
ドアは自動で戻ってくれて
「カチャ」と閉まってくれます。


ゲートを取り付けてすぐは
その存在にひなたは気づかず

画像-0028.jpg

こんな風に


画像-0027.jpg

こんな風に
遊んでいたのですが…


しばらくしてゲートの存在に気づき…

また、私が台所側に立っていることに気づくと…


画像-0034.jpg


「開けてーーーーーーーーーーー」(推測)


「お母さん 私を
 ここから出してーーーーー」(推測)


って大泣きしました。


でも1日経った今は
ゲートをバンバンたたいて
「ひゃあひゃあ」言って遊んでいます。


台所に立つ私をゲート越しに見ては
ニコニコ笑ってゲートをバシバシたたいています。


あ。まだまだ耐久性にはまったく問題なさそうです。


こんな感じにとりあえず
ひなたが台所に入ることは阻止することができました。


でもひとつ問題が。


ご飯を運ぶときなんかに
両手がふさがっていると
このゲートを開けられないんですよね…。


ロックを解除する動作は
お皿やグラスを両手に持っていては
どうしてもできなそうです…。


このブログを見ているダンナさんが


「迷ってたコンビの方が良かったんじゃない?」

って。


え、ええ…

は、はい…

そ、そ、そうですね…

わかってはいたことなんだけどね…


まさかここまで
『両手がふさがり、ゲートを開けっ放しにできない』
っていうシチュエーションが多いとは…。


確かに『ハンズフリーゲート』の方が良かったかもしれません。


でも…コンビの「私はゲートです!」っていう
ものすごい主張ある大きさが
最後の最後まで妥協ができなかったんですよね。
このゲートのシンプルな感じはとても気に入っていますし…。


なので…


大丈夫!
使っているうちに慣れる慣れる。
我が家はコレでヨシとしますよ。


でももしゲート購入を検討している人がいたら
事情を説明した上で
コンビの『ハンズフリーゲート』をオススメすると思います。


ひとまず、我が家の対策はひとつ完了です。


あ…でも またさらなる問題が。
posted by akshinob at 01:09| 東京 ☁| Comment(0) | セーフティグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

問題、再び…

ひなた勢力が依然拡大するなか
更にあらたな問題が発生しました。

それは
ベッドからの転落防止問題です。

以前、ここのブログで
我が家のベッドにはベッドガードをつけ
対策をしていることを書きました。

しかし最近、ひなたはベッドガードに目を付け
ワシワシ、ガサガサ、バタバタと
手でたたき、足で蹴って遊んでいます。

そのため…ベッドガードはいつしかゆるんできて
ガードとベッドの間に少しずつ隙間が開くように。

ちょこちょことガードの隙間を埋めるようにしているのですが
クラッシャーひなたのクラッシュ速度には追いつけず…

昨日はベッドガードとベッドの隙間に
身体が半分落ちたまま

「ウーアー」(お母さん た、た、た、た…すけ…て(推測))

「ヒーーーーーーヒャ」(ベッドの間に落ちちゃった…(推測))

「ムーーーーーフーーーヒー」(うご…けな…いよ…(推測))

…と雄叫びをあげていました。

落ちなくてよかった。

でも、これまた早急に対策を立てねば。

もうベッドはダメですね。

布団生活に移行です。


ただ…ひとつ問題が。


寝室は8畳ほどなのですが
ダブルベッドが1台置いてあります。

これは移動はできないので
となるとベッドの置いていない空きスペースが
必然的に布団を置く場所になるんですが

横130cm
縦200cm

の空きなんですよね。

そうすると布団を1枚っていうわけにはいかず
(一般のシングルサイズの布団は横幅がだいたい100cm)
その30cmの隙間を埋めるために
もう1枚布団をしくかなにかしないと…
なんですね。

それに床は板の間なので
直に布団を敷いたらカビが生えちゃいますよね。

…となると
「すのこ」も必要になってくると。

どうしたものか…

また早急に悩むことにします。
posted by akshinob at 11:16| 東京 ☁| Comment(0) | セーフティグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

久しぶりのサイベックス

ここのところ最近ずっと
散歩と言えばマクラーレンのクエスト。

おばあちゃんにサイベックスのルビーを買ってもらったんだけど
買ってもらった次の日にサイベックスで出かけたら
リクライニングが高すぎたせいか
帰り道でひなたは大泣き。

片手でサイベックスを押して
片手でtonga抱っこをして
汗だくになって帰って来たことがあります。


あれから少し日も経っているから
そろそろ大丈夫かな?

そう思って
今日は久しぶりに
サイベックスで散歩に出かけてみました。


玄関にサイベックスを用意して


ひなたを抱っこして


乗せてみる


乗せてみる…


乗せてみる…


乗せてみると…

…と


ひなたさんは…


ニッコニコ


「おかあさん おかあさん
 
 お出かけ? お出かけ? 
 
 お出かけなのーーー???」


と言わんばかりに
足をバタバタさせて大喜び。


おっ
これはなんだかさい先いい感じ。


ということで出発進行!


フォロ越しにひなたを見ると
まだ足をバタバタさせて大喜び。

いいね、いいね、滑り出し絶好調。

ひなたさんはご機嫌の様子。

マクラーレン クエストに比べて
傾斜がやや強いのも
どうやらもう大丈夫みたい。


ちなみに。
久しぶりにサイベックスを押してみての感想はと言うと


マクラーレン クエストに比べると
やっぱり私にはハンドル位置が少し高いんだけど
マクラーレンよりもスイスイと
ものすごーーーーーくタイヤの滑りがいいと思います。

「押している感じがしない」って言うと
ちょっと大げさかもしれないけど
例えて言うならそのくらい
ホントに押し心地はいいです。

ちなみに私の散歩ルートは
舗装されたアスファルト率100%です。

フレームもアルミ製でしっかりしているので
めったにきしむこともなく
本当に楽々、スイスイスイ、です。

「アルミ製だと重い」って声も聞こえますが
私は絶対にフレームはアルミ製をオススメします。

プラスティックだとミシミシときしむし
きしむが故にハンドル操作がしにくい気がします。

前にアップリカのバギーを使っていたけど
スーパーなどで小回りを効かせないといけないときなど
ハンドルがなかなかいうことをきいてくれませんでした。


「重さ」ってバギー選びの際に
重要なチェックポイントになると思います。

我が家は車はないので
徒歩か電車やバスが移動手段です。

なので「重さ」と「折りたたみやすさ」が
バギー選びの最重要ポイントでした。

でもお店でいろいろ押してみるうちに…

「頑丈であること」が
一番のチェックポイントになりました。

「軽い」とか「折りたたみやすい」ことって
考えてみたら私の都合なんですよね。

ひなたがバギーに乗っていて
安心安全であること

私はコレが一番重要なんじゃないかなって思いました。

なので「頑丈であること」を基準に

多少重くても
「なんとか持てばいいや」

折りたたみにくくても
「あせらないで折りたためばいいんだ」

…とアレコレ見て調べて
サイベックスに到達したわけです。

友達からマクラーレンをいただくという
うれしいハプニングもありましたが
マクラーレンも言うなれば
「頑丈」の代名詞のようなバギーですよね。


なんだか話がそれてしまいましたが

久しぶりにサイベックスで出かけてみて
サイベックスの良さを実感しました。

ひなたに聞いてみたいな〜。

「ひなたさん 乗り心地はいかかでしょうか?」

って。

ひなたはなんて答えてくれるんだろう。

posted by akshinob at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | ベビーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

抱っこひも

最近ベビーカーで外出することが増えて
やっぱり必要になってきたコンパクトな抱っこひも。

私が今まで使った抱っこひもは…

時系列にしてみると

BABYBJYORN(ベビービョルン)/ベビーキャリア

→友達からのレンタル。生後〜3ヶ月ころまで使用。
 首が座り始めたころに前向き抱っこもできて
 ひなたはご機嫌で喜んでいたけど
 肩にかかる負担がとても大きくて
 ひなたの体重が5kgを越えたくらいからか
 ほとんど使わなくなり友達に返しました。

ここで肩や腰に負担がかからない抱っこひもを探すことに。
ネットや育児雑誌などを見ていろいろ研究しました。
スリングの存在を知り、興味が出たのもこのときでした。
丁度そんなときに、友達が貸してくれたのが
↓コレでした。



babasling(ババスリング)

→友達からのレンタル。生後3ヶ月ころに2、3度使用。
 ベビービョルンを返したら友達が
 「コレ、使ってみない?」と言われてあらたにレンタル。
 柄がものすごくかわいくて使ってみたけど…
 ひなたは大泣き。何度か試したけど大泣き。
 あまり泣かない子なので相当イヤだったのかな…。
 以来、私のなかでは「スリングはちょっとダメみたい」
 っていう想いが根付いてしまいました。
 今なら泣かないのかな…と試してみたいけど
 買うには高すぎてちょっと手が出ないかな。
 
そしてババスリングも友達に返しました。
でもスリングをやっぱり使ってみたかった私は
更にネットでいろいろ調べて
あちこちの口コミで評判の高かったスリングを
お店からレンタルしてみることにしました。



北極しろくま堂/キュットミー!,キュットミー!823

→2種類借りてみました。
 大きな違いは肩パットの大きさとスリングレールの有無。
 初心者はキュットミー!がいいらしいですが
 コンパクトタイプにも惹かれキュットミー!823もレンタル。
 装着の仕方について細かく説明してくれるDVDも付いていて
 ひなたがご機嫌なときを見計らってトライしました。
 …が
 ひなたはまたもや大泣き…。
 スリングがイヤなのかな…と思ったけど
 多分、私の使い方が悪くて居心地が悪くて泣いているっぽい。
 何度も試してみるんだけど、どうにもうまくいかず…。
 次の日も次の日もやってみたけど…ダメ。
 スリングって簡単って聞いていたんだけど
 どうしても私はうまく使いこなせず…。
 レンタル期間の1週間で何度か試してお返ししました。


Happy hughug/バックルフィット,リングフィット

→そしてまだスリングをあきらめきれない私は
 別のスリングを2種類借りてみました。
 バックルで固定するタイプとリングで固定するタイプです。
 DVDを見ながら何度も練習。
 そしてひなたが機嫌のいいときをねらって練習…。
 でも…やっぱりどうしてもうまくいかない…。
 レンタル期間の1週間で何度か試してお返ししました。
 
そんなわけでスリングはあきらめました。
いつか「スリング講習会」を探して
そこで教えてもらおうかと思っています。

スリングは使い方をまちがえると股関節脱臼になったり
赤ちゃんの落下事故につながったりするっていうし…。

そしてまたあらためてネットなどで研究開始。

すると便利そうな抱っこひもを発見しました。

「ERGO(エルゴ)」です。

おんぶも抱っこもできる優れもの。
リュックサック感覚でできる優れもの。
しかもオシャレでかっこいいときているので
私はすぐに飛びつきそうになりました。

でも、お値段も高めなので
はやる気持ちをおさえ、さらに研究。

するとあらたな抱っこひもを発見。
「beco buterfly」です。

エルゴは見た目がだいぶごっついな〜と思っていたので
ベコの見た目スッキリな感じはとても気に入りました。

冬にはコートの下に付けることもだるだろうし
夏は夏で暑くて蒸れるだろうし。

それにベコには中に敷居のような布が1枚ついているんですよね。
エルゴにはついていなかったので
赤ちゃんの安全や長く使うことを考え
吟味に吟味を重ねた上でベコに軍配が上がりました。

ここまで抱っこひもは全部友達から借りていたのですが
ここで初の抱っこひも購入です。



beco buterfly(ベコバタフライ)

→5ヶ月〜現在。
 最初は抱っこだけで使っていたけど
 首もしっかりしてきてからはおんぶでも使っています。
 最初こそ装着にとまどったけど
 いまでは抱っこなら30秒もあればできるかな。
 おんぶも抱っこと変わらないくらいでできます。
 簡単だし、楽ちんで本当に重宝しています。
 ただ…難点は大きいってこと。
 ベコで抱っこだけで出かけるならいいんだけど
 ベビーカーで持って行くにはちょっと大きい。
 ベビーカーのカゴに入れているんだけど…大きい。
 それと夏は暑いです。
 当然、暑い時間のお出かけは避けていましたが
 どうしても外出しなきゃいけなくて
 抱っこで出かけないといけないときは
 (例えばベビーカーでお出かけでグズッたときや
  近所のスーパーは狭くて混むのでベビーカーは迷惑)
 保冷剤を背中とお腹に入れたり
 背当てを取って蒸れないようにし
 腕で支えて使ったりしていました。

軽量コンパクトで涼しくて装着が簡単な抱っこひもはないかな…。
と思っていたとき、ふと思い出したのが
出産前に友達からいろいろ借りた赤ちゃんグッズに混じっていた
この2つの抱っこひもの存在でした。
いろいろと借りていたのですっかり忘れていました。



ダコビーデュラ

→ワンショルダーで支える抱っこひもで
 コンパクトかつ装着も簡単で手軽なんだけど
 ひなたが8kgを越えた今…
 30分が限界です。
 ひなたがもうちょっと抱きついてくれるといいんだけど
 まだ気ままに抱っこされている状態なので
 いまダゴビーの登場はほっとんどないです。

tonga(トンガ)

→これもワンショルダーで支える抱っこひも。
 これよりコンパクトな抱っこひもって
 おそらくないんじゃないでしょうか。
 たためばジーンズのポケットに入ります。
 これも装着が本当に簡単で
 ワン・ツー・ハイ!みたいな感じです。
 (って説明になってないですね)
 でもこれも長時間は無理です。30分が限界かな。
 それと…サイズ調整ができないタイプで
 私はSサイズを使っているんだけど長いんです。 
 もう少し上で抱っこできるともっと楽なんだけどなぁ。
 縫おうかとも思ったんだけど
 8kgの体重を支えられるのか心配で…。

そんなわけであらたに研究をし
さらに見つけた「だ・くーの」。
3万人以上もの愛用者がいて
助産院で研究開発されたものだとか。
口コミを見ても評判は上場。

これにしようかなと思っていたところ
近所のお母さんが使っていて
「新しい抱っこひもを買おうと思ってて」
「もし良かったら2、3日使ってみます?」
と、うれしいお言葉。

購入に踏み切る前に借りてみることにしました。



だ・くーの

→頭からかぶって、赤ちゃんを抱っこして足から入れる
 という非常に簡単なもので
 たためば小さくなるし、理想形に近いものでした。
 でも…見た目があまりに…だ、だ、だ、だ、だ、だ○いんです。
 家のなかでするぶんにはいいかなと思ったんだけど
 「ベビーカーで出かける用に」という面では
 私的にはNGでした。
 使いやすかったのでよかったんですけどね。
 あ、あと、これで抱っこしてひなたが寝ちゃったとき 
 付けたまま寝かすのが大変でした。
 抱っこひもからなかなか抜け出せず…。 


そんなわけで…
軽量コンパクトで装着がかんたんな抱っこひもを
いまだに探し求めています。


条件を書き出して用途を明確にしてみよう。

【使用環境】
・メインはベビーカー
・ひなたがグズッたときに使用

【条件】
・ベビーカーもしくはカバンにしまえる
・サッと取り出して、ササッと装着できる
・両肩で支えるもの
・できればダンナさんと共有したいので調整可能なもの


いまのところコレに叶っているものは

「キューズベリー」「アロハグ」の抱っこひもなんですよね。

「フェリシモ」のもいいんだけど調整ができないんですよね。
 
「キューズベリー」「アロハグ」
割と高いのでヤフオクで中古を探してみようかと思っています。


こうやって振り返ってみると…
割といろんな抱っこひもを試しているもんですね。
posted by akshinob at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | 抱っこひも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

ベビーマスク

新型インフルエンザで国内死者が10人を越えました。

これから冬にかけてますます猛威をふるうとのこと。

本当に心配です。

ひなたはまだ8ヶ月で小さいので
うがいをすることができません。
(うがいは効果がないという説もありますが…)

せめて手洗いだけでも…と思って
外出したらできるだけするようにしていますが
なかなかうまくできません。

でも、手洗いはやらないよりはましだろうし
外出しても不特定多数の人が触る物には
触れさせないように注意しています。

心配ですね、本当に。

マスクは効果があるようですね。

赤ちゃん用のマスクってあるのかなって思って
ネットで検索してみました。

帽子だって嫌がるんだから
マスクなんてあっても絶対に嫌がるんだろうなと思いつつ…。


でも、あるんですね。
赤ちゃん用マスク。

小児科のお医者さんが開発した使い捨てのマスクや

オーガニックコットン用品を売っているお店で作っているもので
ガーゼを替えて使うマスクなど
いろいろとありました。

大人の用のように耳にかけるんじゃなくて
頭のうしろで結ぶようになっていました。

コレいいかも。

でも絶対に嫌がるだろうな。

そりゃそうだよな…私もマスクは嫌だもん。

マスクは無理そうだけど
これからに備えていろいろ対策をとることにします。
posted by akshinob at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | セーフティグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危険なベビーグッズ

日々の育児になにか便利なものはないかな〜と思い

「ベビーグッズ」で検索をしてみました。

そうしたら面白いサイトを見つけました。


ベビーグッズって赤ちゃんが使う物なので
ケガをしないように角が丸くなっていたり
継ぎ目をなくしていたり
やわらかい素材でできていたり
さまざまな安全基準が設けられ
作られているものです。

そしてまた見た目も
かわいいものがほとんどです。







それをあえて危険な武器のような
鋭さを持つアートにしてしまった人がいるようです。


「冷たくて固いベビーカー」

「追突されたらケガをしそうな歩行器」

「うかつに乗れない鋼鉄の鉄馬」

「投げたら爆発しそうな哺乳瓶」

「物騒な雰囲気を持つガラガラ」

「揺れるたびに地面を傷つけそうなゆりかご」

など

怪しく危険なベビーグッズたちです。

Shi Jinsongさんというアーティストの作品です。

私が日々探している「ベビーグッズ」とは
真逆のベビーグッズたちですが
その真逆さのアートが面白いと思いました。

興味のある方は以下に飛んでみてください。

『CHAMBERS FINE ART』
http://www.chambersfineart.com/en/contemp/sjinsong.html

posted by akshinob at 00:34| 東京 ☀| Comment(0) | 知育玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

maclaren フットマフ

最近、朝晩すっかり涼しくなり
もうすぐそこまで秋が来ています。

ひなたは昼間は半袖&半ズボンで出かけていますが
長袖を1枚持って出るようにしています。

それとベビーカーにはガーゼケットをかけています。
足をバタバタしてガーゼをズリズリと引き寄せ
口に持っていってしまうのであんまり意味はないんですけどね…。

ゆっくりのんびりと防寒対策も考えないとなぁ。

ひなたにとっては2度目の冬。

ベビーカーでお出かけのときは
コレをつけようかな、と。

footmuff_NB.jpg
『maclaren footmuff(マクラーレン フットマフ)』


ちなみに我が家のmaclaren questは
ネイビーとレッドのコンビネーションなので
もしこのフットマフを買うとしたら…



画像-0066.jpg


こっちのレッドもありなのかな。

ひなたは女の子だし…。


footmuff_SC.jpg


でもこれまた7560円と…
ちょっとお高いのね。

あ。我が家のマクラーレンは
2007年モデルなのでこの値段です。
2008年モデルは7770円です。

12月、1月、2月…と3ヶ月毎日使うって考えたら
このくらいは奮発してもいいのかな。

でもやっぱり高いよなぁ…。

まだ時間もあることだし
ちょっと検討してみることにします。
posted by akshinob at 22:27| 東京 ☁| Comment(0) | ベビーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

突っ張り棒

♪タンタタタタッタッタタ

 チャラリ〜チャラリラララ〜

(映画『ミッションインポッシブル』のテーマ)


to.ヒナタ

ミッション/センメンジョ ニ シンニュウ セヨ


画像-0079.jpg



洗面所に侵入中のひなた。


頭かくして尻隠さず…。


どうやらミッションは無事成功したもよう。


ガツンガツンガツン

ドンドンドン


どうやら洗面所でイタズラをしているもよう。


ガツンガツンガツン

ドンドンドン


「ひなたーーーーーー」(私)

「こっちおいでーーーーー」(私)


ガツンガツンガツン

ドンドンドン


「ひなたーーーーーーー」(私)

「ひーーーーーーなーーーーーーたーーーーー」(私)

ガツンガツンガツン

ドンドンドン


私の呼ぶ声などまったく意に介さず…。


ガツンガツンガツン

ドンドンドン


「ひなたーーーーーー」
(って呼んでも来やしないか…(心の声))


…と思いきや

画像-0078.jpg

「はい お呼びですか?」(ひなた/想像)


ハイハイのスピードもパワーアップし
行動範囲がますます広がっている今日この頃。

大好きな場所は洗面所とお父さんの部屋。

でもお父さんの部屋は立ち入り禁止なので
めったなことじゃ入れません。
だからこそ興味がひかれるのかな?

洗面所はゲートで囲ったりしているので
危険物はないんだけど
最近ひなたは洗濯機と洗濯機のホースに興味津々。

私がシャワーをしている間に
ふと見たら…
ホースと格闘中のひなたがいました。

それはそれでカワイイんですけどね(笑)

でもそれで遊ばせておくわけにも行かず…。
洗濯機とホースをどうやって隠すかなぁ…と。

また新たな問題が発生したわけです。

洗濯機前で佇むこと15分。

洗濯機にゲートを付けるのもなんだしなぁ…。
ゲートは安い買い物じゃないからなぁ…。
いまあるゲートを洗濯機の前に付ける?
でもそうするとお風呂場に侵入してきちゃうか…。
どうしようかなぁ…。

…と

私の視界に入って来たのは
洗濯機の上に取り付けていた


『突っ張り棒

おおおおおおお!

なんか私、すごいイイこと考えちゃったかも。


…というわけで

画像-0075.jpg

こんな感じに洗濯機の前に突っ張り棒を横にして
ゲートを作っちゃいました。


ひなたは間もなくつかまり立ちをしそうだけど
コレならつかまり立ちしてもしばらくは耐えられそう。
またぐまではいけそう。

ガシガシと動かないかチェックしてみたけど
相当な力を加えてもびくともしなかったので
これでちょっとしばらく様子を見てみようと思います。


画像-0076.jpg

(上から見たところ)



画像-0074.jpg

ひなたはこんな感じで遊んでいます。


画像-0077.jpg



それにしてもそれにしても。

赤ちゃんの好奇心って
ものすんごいものがありますね。

なんでもオモチャになっちゃうし
なんでも触ってみたい
なんでも見てみたい
ちょっと音がすれば興味津々。

危険が及ばないなかで
ひなたの好奇心をどんどんくすぐっていこうと思います。

ますます目が離せなくなってくるけど…
それはそれで本当にカワイイものですね(笑)





posted by akshinob at 18:36| 東京 ☀| Comment(0) | セーフティグッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケフィア

ひなたは今日も
3食しっかり食べました。


朝は8時頃に…

●うどん
→前の晩にダンナと私がユッケジャン風うどんだったので
 ひなたの分もうどんをコトコトコトと4時間ほど煮込んだもの。
 出汁は昆布&かつおで、ニンジンと大根の葉と椎茸を
 細かく刻んで一緒に煮込みました。

●だだちゃ豆
→ダンナのおつまみ用に茹でた「だだちゃ豆」を
 ゴリゴリゴリとすりつぶし
 ダンナの夕飯用に茹でたじゃがいもを裏ごしして
 2つを混ぜたものを粉ミルクでのばしました。

●リンゴのすりおろし

コレ、全部、朝用に作ったわけではなく
あらかじめひなたが寝たあとなどに
たくさん作ってフリージングしています。
なので後は食べるときにチンするだけです。
リンゴだけ食べる直前にすりおろしています。


昼は12時頃に…

●おかゆ
→炊飯ジャーで作ったおかゆに
 あらかじめ煮込んでおいたニンジン、椎茸、大根
 タマネギ、大根の葉、ジャコで作ったスープをあわせたもの

●ヨーグルト


間食は15時頃に…

●ヨーグルト


夜は18時頃に…

●おかゆ
→昼のおかゆに更にカボチャを裏ごししたものを加え
 お湯で少しのばしたもの

●リンゴのすりおろし

●ホワイトシチュー(みたいな)
→ニンジン、椎茸、タマネギなどを煮込んだスープに
 粉ミルクを加えてホワイトシチュー風にしたもの


途中で口で「ぶーぶーぶー」やって
遊び食いをするんだけど…
それと格闘しながらもあげ続けると
なんだかんだしっかり完食します。


で、で、で、で
本日のポイントは…
(ポイントというかなんというか)

間食にあげたヨーグルトです。

母の友達からいただいたケフィアをあげてみました。

私、遅ればせながら…
手作りのケフィアをはじめて食べました。

一時「ヨーグルトきのこ」なんて名前で

はやったことがありましたよね。

でもそのときは特に興味もなく
食べなかったんじゃないかと思います。

ケフィア。

お、お、お、お、お、お、お、美味しいですね。

ひなたもかなりがっついて食べていたので
きっと美味しかったんだと思います。

これは自分でも作るしかないなと思い
母の友達に種をいただくことにしました。

でもそもそも…ケフィアってなんだろう?


調べてみました。

ケフィアは黒海とカスピ海に挟まれたカフカース山脈と
それを取り囲む低地からなる地域『カフカース地方』が発祥の
発酵した乳飲料のことだそうです。

「ケフィアグレイン」という種菌で
ワクチンなどを接種していない牛やヤギ、羊の乳で作られるそうです。

私は酸味の強いヨーグルトが好きなんですが
いただいたケフィアは酸味がほとんどなく
飲むヨーグルトより少しとろみのあるもので
とても食べやすいものでした。

種をいただいたら作ってみようと思います。
楽しみ、楽しみ。

胃腸がとかくやられがちなダンナさんにも
毎日食べてもらうことにしましょう。



posted by akshinob at 21:24| 東京 ☁| Comment(0) | 離乳食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

マサラティー

ちょっと休憩。


今日はひなたがお昼ねをしません。

「ピャアピャア」
「アンマンマー」
「フニヤピー」
「フーーーーッフーー」
「ンッッッッッギイイイイイ」
「ファーーーフォ」
「イキキキキー」

などなど

さまざまな “ひな語” を発し
あっちこち這いずりまわって遊んでいます。

こんな日は無理に昼寝はさせず
好きなように遊ばせておきます。

そういえば昨日もこんな感じでした。

寝たかなと思ったら…

♪焼きいも〜 焼きいも〜
 石焼きいも〜 甘くて美味しい
  石焼きいもはいかがですか〜


の音で起きてしまったり

♪壊れたラジカセ パソコン
  動かなくなったバイク
   なんでもお引き取りいたします
    お気軽にご相談ください


の音で起きてしまったり

でした。

でもこんな日は夜はバタンキューです。

あ。でも昨日はなかなか寝なかったので
「こっちだよ〜」
「ひなた こっちおいで〜」
とあちこち動き回り
ハイハイをさせて遊ばせていたら

廊下で力つき…
ハイハイした、その状態で寝てしまいました。

かわいい(笑)


ここ最近は
ひなたは離乳食を3回たべているので
ひなたの離乳食を作ることが
日々の家事に3度加わり
なんだかホッと一息つく時間がなくなってきました。

ダンナのお弁当に晩ご飯作り
洗濯や掃除に買い物…

気づけばもう夜です。

主婦も忙しいんですよね。
24時間、365日、休みがないですしね。

仕事をしていたころは
“昼寝して、ワイドショーを見て煎餅をかじる”
なんてことに憧れていましたが…
実際、そんな暇ないですよね。

子どもが大きくなったら
そんな時間もできるのかな。

…なんて話が逸れました。


だんだんホッと一息つく時間がなくなっていくなかで
いま、つかの間のホッとするひと時を作ってくれているのが

『マサラティー』です。

学生時代にインドやネパールを旅行したときに
毎日飲んでいた『チャイ』の味がいつまでも忘れられず
ときどき作っては飲んでいます。

ちょっと大げさかもしれないけど
私の “ソウル・ドリンク” みたいなものかもしれません。
ってインド人じゃないですけどね。

作り方はいたって簡単。


【材料】
 ・紅茶
 ・牛乳
 ・水
 ・砂糖
 ◎シナモンホール 
 ◎しょうが
 ◎クローブ
 ◎カルダモン
 ◎ナツメグ
 ◎黒こしょう

1.◎のスパイスをすり鉢ですりつぶす(しょうがはすりおろす)
2.鍋で1ですりつぶしたものを煎る
3.水を加え煮立たせること10分
4.紅茶を入れ、再度煮立たせ砂糖を入れる
5.牛乳を入れて沸騰する前に止める

作り方と分量はすごく適当なので
どこか別のレシピをご参考になさってください。
一応、インドカレー屋でバイトしていたときに
キッチンで働いていたインドの方に教えてもらったレシピです。

ちなみに。
茶葉だけはこだわっています。

アッサムのCTCというものを使っています。

紅茶の製法には“オーソドックス製法”のほかに
“CTC製法”というのがあります。


CTC機という加工機を使って
1〜2センチの細かい粒状の茶菓をつくる製法です。

CTCとは
「押しつぶす(crush)」
「引きちぎる(tear)」
「丸める(curl)」
の頭文字をつなげたもので

この名称どおりに葉を加工していきます。

(以下は茶葉のホームページを参考に引用しました)

精製方法は


回転する2本のローーラーに萎凋させた茶葉を巻き込む。

そして葉を押しつぶして切断し
丸い形に整え、オーソドックス製法同様、発酵、乾燥させる。


またローーターバンという加工機を使うローターバン製法もある。

この製法では茶葉を圧搾し、CTC機よりも絹かく切断する。


そうです。

この茶葉を使って作ると
より本場の味に近づく気がします。


なんだかベビーグッズとはまったく関係ない話になりました。




posted by akshinob at 17:20| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。