2009年09月15日

マサラティー

ちょっと休憩。


今日はひなたがお昼ねをしません。

「ピャアピャア」
「アンマンマー」
「フニヤピー」
「フーーーーッフーー」
「ンッッッッッギイイイイイ」
「ファーーーフォ」
「イキキキキー」

などなど

さまざまな “ひな語” を発し
あっちこち這いずりまわって遊んでいます。

こんな日は無理に昼寝はさせず
好きなように遊ばせておきます。

そういえば昨日もこんな感じでした。

寝たかなと思ったら…

♪焼きいも〜 焼きいも〜
 石焼きいも〜 甘くて美味しい
  石焼きいもはいかがですか〜


の音で起きてしまったり

♪壊れたラジカセ パソコン
  動かなくなったバイク
   なんでもお引き取りいたします
    お気軽にご相談ください


の音で起きてしまったり

でした。

でもこんな日は夜はバタンキューです。

あ。でも昨日はなかなか寝なかったので
「こっちだよ〜」
「ひなた こっちおいで〜」
とあちこち動き回り
ハイハイをさせて遊ばせていたら

廊下で力つき…
ハイハイした、その状態で寝てしまいました。

かわいい(笑)


ここ最近は
ひなたは離乳食を3回たべているので
ひなたの離乳食を作ることが
日々の家事に3度加わり
なんだかホッと一息つく時間がなくなってきました。

ダンナのお弁当に晩ご飯作り
洗濯や掃除に買い物…

気づけばもう夜です。

主婦も忙しいんですよね。
24時間、365日、休みがないですしね。

仕事をしていたころは
“昼寝して、ワイドショーを見て煎餅をかじる”
なんてことに憧れていましたが…
実際、そんな暇ないですよね。

子どもが大きくなったら
そんな時間もできるのかな。

…なんて話が逸れました。


だんだんホッと一息つく時間がなくなっていくなかで
いま、つかの間のホッとするひと時を作ってくれているのが

『マサラティー』です。

学生時代にインドやネパールを旅行したときに
毎日飲んでいた『チャイ』の味がいつまでも忘れられず
ときどき作っては飲んでいます。

ちょっと大げさかもしれないけど
私の “ソウル・ドリンク” みたいなものかもしれません。
ってインド人じゃないですけどね。

作り方はいたって簡単。


【材料】
 ・紅茶
 ・牛乳
 ・水
 ・砂糖
 ◎シナモンホール 
 ◎しょうが
 ◎クローブ
 ◎カルダモン
 ◎ナツメグ
 ◎黒こしょう

1.◎のスパイスをすり鉢ですりつぶす(しょうがはすりおろす)
2.鍋で1ですりつぶしたものを煎る
3.水を加え煮立たせること10分
4.紅茶を入れ、再度煮立たせ砂糖を入れる
5.牛乳を入れて沸騰する前に止める

作り方と分量はすごく適当なので
どこか別のレシピをご参考になさってください。
一応、インドカレー屋でバイトしていたときに
キッチンで働いていたインドの方に教えてもらったレシピです。

ちなみに。
茶葉だけはこだわっています。

アッサムのCTCというものを使っています。

紅茶の製法には“オーソドックス製法”のほかに
“CTC製法”というのがあります。


CTC機という加工機を使って
1〜2センチの細かい粒状の茶菓をつくる製法です。

CTCとは
「押しつぶす(crush)」
「引きちぎる(tear)」
「丸める(curl)」
の頭文字をつなげたもので

この名称どおりに葉を加工していきます。

(以下は茶葉のホームページを参考に引用しました)

精製方法は


回転する2本のローーラーに萎凋させた茶葉を巻き込む。

そして葉を押しつぶして切断し
丸い形に整え、オーソドックス製法同様、発酵、乾燥させる。


またローーターバンという加工機を使うローターバン製法もある。

この製法では茶葉を圧搾し、CTC機よりも絹かく切断する。


そうです。

この茶葉を使って作ると
より本場の味に近づく気がします。


なんだかベビーグッズとはまったく関係ない話になりました。




posted by akshinob at 17:20| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。