2009年09月14日

ケフィア

ひなたは今日も
3食しっかり食べました。


朝は8時頃に…

●うどん
→前の晩にダンナと私がユッケジャン風うどんだったので
 ひなたの分もうどんをコトコトコトと4時間ほど煮込んだもの。
 出汁は昆布&かつおで、ニンジンと大根の葉と椎茸を
 細かく刻んで一緒に煮込みました。

●だだちゃ豆
→ダンナのおつまみ用に茹でた「だだちゃ豆」を
 ゴリゴリゴリとすりつぶし
 ダンナの夕飯用に茹でたじゃがいもを裏ごしして
 2つを混ぜたものを粉ミルクでのばしました。

●リンゴのすりおろし

コレ、全部、朝用に作ったわけではなく
あらかじめひなたが寝たあとなどに
たくさん作ってフリージングしています。
なので後は食べるときにチンするだけです。
リンゴだけ食べる直前にすりおろしています。


昼は12時頃に…

●おかゆ
→炊飯ジャーで作ったおかゆに
 あらかじめ煮込んでおいたニンジン、椎茸、大根
 タマネギ、大根の葉、ジャコで作ったスープをあわせたもの

●ヨーグルト


間食は15時頃に…

●ヨーグルト


夜は18時頃に…

●おかゆ
→昼のおかゆに更にカボチャを裏ごししたものを加え
 お湯で少しのばしたもの

●リンゴのすりおろし

●ホワイトシチュー(みたいな)
→ニンジン、椎茸、タマネギなどを煮込んだスープに
 粉ミルクを加えてホワイトシチュー風にしたもの


途中で口で「ぶーぶーぶー」やって
遊び食いをするんだけど…
それと格闘しながらもあげ続けると
なんだかんだしっかり完食します。


で、で、で、で
本日のポイントは…
(ポイントというかなんというか)

間食にあげたヨーグルトです。

母の友達からいただいたケフィアをあげてみました。

私、遅ればせながら…
手作りのケフィアをはじめて食べました。

一時「ヨーグルトきのこ」なんて名前で

はやったことがありましたよね。

でもそのときは特に興味もなく
食べなかったんじゃないかと思います。

ケフィア。

お、お、お、お、お、お、お、美味しいですね。

ひなたもかなりがっついて食べていたので
きっと美味しかったんだと思います。

これは自分でも作るしかないなと思い
母の友達に種をいただくことにしました。

でもそもそも…ケフィアってなんだろう?


調べてみました。

ケフィアは黒海とカスピ海に挟まれたカフカース山脈と
それを取り囲む低地からなる地域『カフカース地方』が発祥の
発酵した乳飲料のことだそうです。

「ケフィアグレイン」という種菌で
ワクチンなどを接種していない牛やヤギ、羊の乳で作られるそうです。

私は酸味の強いヨーグルトが好きなんですが
いただいたケフィアは酸味がほとんどなく
飲むヨーグルトより少しとろみのあるもので
とても食べやすいものでした。

種をいただいたら作ってみようと思います。
楽しみ、楽しみ。

胃腸がとかくやられがちなダンナさんにも
毎日食べてもらうことにしましょう。



posted by akshinob at 21:24| 東京 ☁| Comment(0) | 離乳食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。